零れ落ちる言葉と遊ぶ

零れ落ちる言葉と遊ぶブログです。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2013.01.22 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2013.01.20 Sunday

高校サッカーと春高バレー

 もう終わったけど、どちらも面白かった。
最近、思う自分の変化。


青春モノに弱い。


高校サッカーの決勝はPKだった訳だし、
雪で延長した訳だし、もう引き分けでよかったよね。


キャプテン翼でも引き分けてたじゃん!って、
マジで思った次第。


春高に関しては、
負けた側に涙してしまう。


なんでしょうこれ?
少年ジャンプのハイキューなんか、号泣しますよ。


あの、負けた側の心情を描いた話、
あの話最高でした。


ああいうのに弱い。
だから、三月のライオンが一番好き。


将棋だけど、青春ものだ。
泣いてしまう。



漫画といえば、昔のマンガとか、
アニメがパチンコやらパチスロになっているのを見ると、
まったくやりませんが、興味はありますよね〜。


って、何の話だ??
何の話だったんだ???笑

2011.09.24 Saturday

何となく心配なレアル・マドリード

何だろう?
違和感があるぐらい、しっくりこない。

不思議な感覚。

苦戦するにしても、
あんまりじゃないか?

我がバルサは相変わらずだけど、
ヴァレンシアや、アトレチコは頑張って欲しいけど。

それでもやっぱり、
レアルにはさ、憎らしい強さがあって欲しい。


モウリーニョ、チームに飽きたか?



2011.05.29 Sunday

チャンピオンズリーグ決勝!


いや〜もう、最高でした。
最高の試合でした。


バルサのサッカーを堪能した90分。
マジで、生きてて良かったとおもいました。


幸せです。
あんな試合が観られた事は。


そして、言葉要りません。
そう思います。



2011.02.16 Wednesday

ロナウドってすげー奴だったんだよな〜


と、何となく思い出している。
最初に見た時の衝撃たるや、そりゃもー!!


17,8で、こんな上手いのがいたら、
そりゃ〜ブラジルってのは強いよなーって、
日本が追いつく事はないんだろうなー…って。


特に好きな選手って訳でもないから、
プレーを覚えているって事も無いんだけど、
それでも、あの衝撃は残ってますなー。


明らかに早熟だったけど、
34歳までやったってのは凄いね。


故障もたくさんしたけど、
それでも、好きな事に打ち込める姿が大事。


ああいう存在にも学ぶべき所はたくさんあって、
こうして一つ、心を留める時間をくれた事に、
感謝したいと思う。


今いるこの地点は、現在であって、
未来ではなく、過去でもない。


だから、別に振り返る必要性ってないし、
未来を想像する必要性も無い。


だけど、それでも、
希望を描くために未来を想像するし、
今まで生きてきたり、自分を形成してきた過去に、
最大限の感謝をするべきなんだろうと、当たり前ながらに思う。






2010.07.12 Monday

笑顔が溢れ出した。


スペイン、やった!


最後、イニエスタが輝いて、
たまらん物が込み上げてきて、
も〜カシージャスの涙が心を打ち、
試合終了した頃には、笑顔が溢れ出ていた。


08年のヨーロッパの時は、もっとすごいチームだったけど、
それでも勝ってしまえる、底力。



も−ありがとうございました!


スナイデルの涙も、良かったなー・・・。



さ、旅立つ身支度をしようかな。
とりあえず、言った事は守ろうかと思う。



最後に、いろいろ思い起こして、
足を止めるのかもしれないけど、
もうここには戻らない事だけは確かです。



何と言うか、13日を前に旅立つのは正解なのかもしれないね。
だって生きていたら、心の中で、最大限に君の事を想っちゃうもの。



まー何かが俺の邪魔をするのかもしれないしね。
それはまだ、生きろよ!お前って事だから、
それはそれで、受け入れるよ。



半分ぐらいの楽しい日々と、半分ぐらいの悲しい日々とで、
ちょうど面白い人生だったのかもね。



優しい風に吹かれたら、
新しい事を始めるよ。



ま、どーでもいーやね。
世界は一秒たりとも止まりはしない訳だし。




▲top