零れ落ちる言葉と遊ぶ

零れ落ちる言葉と遊ぶブログです。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 自分用の感情だった。 | TOP | 今日の気付き=真実 >>

2013.01.22 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2011.02.03 Thursday

感謝っ!


昨日、我が街の天気は、珍しく快晴で、
落ち着いて仕事をしている事が出来ず、
車でお散歩して来ました。


車でお散歩って事はないだろうけど、
文字通り、気分はお散歩だった。


空が高くて、遠くに見える雪山が綺麗で、
最近出来たバイパスを走ると、最高な気持ちになった。


元気でいる事を伝えたいなーと、
そんな思いに駆られたけど、
そんな勇気などなく、
空に願いを飛ばす。


気付く事、見える事と言うのは、
日が経つにつれて増えていく。


正味三日で、
後悔の形がはっきりとする。


それから数日・・・。


一週間経つのか。早いな。


たぶんだけど、
俺の方が元気な気がする。
何となく、そんな気がする。



圧倒的な感謝がある。


だから何とかしたいけど、
たぶんもう、何も出来ないだろう。


それも日が経つにつれて思う事。
もう話す事はないだろう。


そう思う。


だから、元気でいろよと、
不器用に願うしかない。


ずーっと考える。


思えば、四年前、正確には五年前のあの出来事が、
ようやく終わったのかもしれない。


ずっと、生きる事を否定しながら生きてきた。
苦しむ事が、弔いだと思っていた。


でも死のうと思っていた。
だけど、生きている事は面白いと、
本気で思わせてくれる人と出会った。


そして、その人をたくさん傷つけた。


失った。


残った物は、ありがとうと言う気持ちだった。
あんなに苦しいと思ったのに、
死にたいとは思わなかった。


生きて、恩返しをしたいと、
感謝していた。


どう考えたって、
あの子の方が痛かったはずだ。


俺のために、
そこまでしてくれた。


もちろん、もう限界だったのだろう。
だけど、最後の最後、振り絞ってメッセージをくれた。


内容は、すべて胸に突き刺さった。
痛くて痛くて、苦しくて苦しくて。


だけどすべてを受け入れて、
俺は成長しなければ、今度こそ戻れないと思った。


人間として、戻る事は出来ないと本気で思った。


だから、あの子を想い、
泣く事はしていない。


そんな権利などない。
そんな資格などない。
とても失礼な話だ。


人間の成長は、体だけじゃなく、心においても成長する訳で、
たった数日で、僕の顔つきは自分でも分かるぐらい変わった。


とても不思議だけど、
変わったなーって実感した。



地雷震ディアブロの、
小暮の様な決意した顔になった。


そして似てる。笑


そこで思う事。



あの子にとっては失礼な事かもしれないけど、
僕は、この喪失感を手に入れた事で、あの子に出会った事で、
ようやく、本当の意味で心を取り戻したのかもしれない。


だからこそ、ありがとうと、
いつか言えたらなーって思う。


人生丸ごと、再生させてもらった。
最後の最後で、また甘えちまった。


だけど、ありがとう。


本当に、感謝している。
圧倒的に、ありがとう。


人間の出会いは、意味がない物など無くて、
だとしたら、あの子にとって、俺との出会いの意味は、
この後にあるのかもしれない。そうであって欲しいと願う。


再会の約束はない。
だから、再会する事もないと思う。


あの子の今後の人生に、
俺との出会いが意味を持つならば、
再会する事があった時なのだろうけど、
とても酷い事をしたし、許してくれると思えないから、
そんな時が来るとは思えないけど、もしそんな時が来るのならば、


今度こそ、本当に今度こそ、
あの子に必要とされる、友達になりたいと思う。


出会いに意味があったと言われる、
しっかりした友達になる事を誓う。


生きている事は、本当に楽しい。
本当にありがとうございましたっ!


ツイッターでは、昨日?から、
一番自分の性に合う事を始めた。


最初からこうして使っていたら、
つまらない嫉妬心なんてたまらなかったのかもな。


最後に、自分の依存の正体は、
必要とし、求める事ではなく、
必要とされ、求められる事だった。


だから、依存状態から抜ける事に、
時間は掛からない。


恋愛感情も実の所、
必要とされたから保っていた部分もあり、
日によっては、親心な時も多々ありで、
本当に大好きだったかと言われたら、曖昧だ。


それなのに、ひでーな、俺はって、
一番申し訳なかったなぁ・・・って思う所だったりする。


あの子の性格上、
必要とされるには、友達じゃ限度があったから、
そんな所から、ドンドン変化していたんだろう…。


もちろん、俺なりの言い分もある。
俺は聖人じゃない。綺麗事は言わん。


だけど、そんなんどーでもいいや。


事実は事実。
苦しめ、傷付け、窮屈にさせた。


その結果がすべて。


ただただ、申し訳なく思う。
ごめんなさい。ご迷惑お掛けしました。


そして、やっぱり、
ありがとうございました!



2013.01.22 Tuesday

スポンサーサイト


07:04 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://joze-eden.jugem.jp/trackback/103

トラックバック

▲top